2022年06月23日

2022年の東京サラブレッドクラブの募集馬のドラフト(エアー)

さて、一旦
2022年の東京サラブレッドクラブの募集馬の診断を書き終えました。

で、昨日、レイズアンドコール21が募集取消になりましたね。


狙っていた方もいたかもね・・・。

と思います。


本日は、いわゆる最終版

動画と尺を含め
一応、私なりの
2022年の東京サラブレッドクラブの募集馬のドラフト(エアー※非申込)結果を発表
します。

例年は、申込み締め切り後書いてますが・・・。
2022年の東京サラブレッドクラブの募集馬の申込みしないので・・・。


1位指名

右矢印1ジョリージョコンド21 牡

無事なら、
2勝ぐらいはできそうなイメージが沸く血統背景。

上手く行けば、夢は見れるかも?
という目線。


2位指名

右矢印1レッドコルディス21 メス

一か八か枠。
サンデー&トニービン&ミスプロのクロス
ハマったら、大仕事はありそう・・・。

少し小さいけど、時期的にギリギリOKレベルか?


3位指名(補欠)

右矢印1レッドラフェスタ21 メス

マイルぐらいまでのイメージも
悪くはない印象。

ただ、募集価格は高く感じる。

という3頭までですね。

他にも、何頭か候補がいたんですが・・・。
尺やら、動画を観ての判断です。


昨年も難しくなってきてましたけど・・・。

2022年のサラブレッド界は
良くも悪くも群雄割拠な時代に入っている
と思ってます。


意外な産駒から活躍馬が出る可能性もあるし・・・。
やっぱり順当か・・・。
みたいな結果もあるでしょう。

こうゆう年って
ヤマを張るしかないので・・・。

血統派(テキスト判断)の私には不利
なんです。

馬体派の方の方が、主観なく当たりを引けるのかも?
しれません。

ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年06月22日

東京サラブレッドクラブ 募集馬 2022 診断 8

引き続き、
2022年の東京サラブレッドクラブの募集馬の診断の続き
(テキスト診断では最終)

今回は?
2022年の東京サラブレッドクラブの募集馬の診断
第8段は?(最終)※残りの関西2

レイズアンドコール21 牡
父:サトノダイヤモンド
母父:サクラバクシンオー
鹿毛 4/13 3,000万円 7.5万円

奥村豊
12番子

年子ではあるが・・・比較的子出しの良い母

サトノダイヤモンド産駒は、これからで

サクラバクシンオーのBMSは優秀。

大物かは?わからないが・・・。
1勝はクリアできそうな印象。


チルノ21 メス

父:シルバーステート
母父:Kingman
黒鹿毛 2/2 2,400万円 6万円 音無秀孝

初子

まだ産駒のサンプル数は少ないが・・・。
シルバーステート産駒は、やや牝馬寄りな印象。

母父Kingmanは未知。

悪い気はしないが、特別良いとも思わない。

馬体&動画次第でしょう。

ギエナー21 メス
父:シュヴァルグラン
母父:Redoute’s Choice
鹿毛 2/15 3,000万円 7.5万円 池江泰寿

父:シュヴァルグランはファーストクロップ
Redoute’s ChoiceのBMSは牡馬寄り

正直、判断しようがない・・・。

ただ、セレクトセール3960万円での落札で
この募集価格は・・・?


というのはありますね。

ただ、東京サラブレッドクラブの場合
こうゆう?なんで?この価格って?
馬はワリと走ったりすることもあるが・・・。
※他クラブだと完全な地雷。



プレステッツァ21 メス
父:ストロングリターン
母父:ルーラーシップ
栗毛 2/8 1,800万円 4.5万円 橋口慎介

ストロングリターン産駒は牡馬寄り
母父ルーラーシップは、まだこれから。

セレクトセール1,320万円なんで
募集価格は、妥当な
ところでしょうかね。

あまり惹かれない。

ツインテール21 牡

父:レッドファルクス
母父:Tale of The Cat
芦毛 3/29 2,000万円 5万円 辻野泰之

5番子

レッドファルクス産駒はまだこれから。
母父Tale of The Catは牡馬寄り

特別惹かれる材料はない。

シティイメージ21 メス
父:クリエイターU
母父:Elusive City
芦毛 4/22 1,000万円 2.5万円 平田修

3番子

クリエイターII産駒は、
そこまで良い結果を出しているワケではない。

母父Elusive Cityはサンプルが少ないが牡馬寄りか?

最安値の募集馬で人気はなりそうだが・・・?

ボインビューティー21 メス
父:Into Mischief
母父:Giant’s Couseway
鹿毛 2/27 5,000万円 12.5万円 友道康夫

Into Mischief産駒は牡馬寄り
母父Giant’s Cousewayも牡馬寄り

値段も含め、惹かれない・・・。


ダンシングラグズ21 メス
父:Curlin
母父:Union Rags
栗毛 3/5 5,000万円 12.5万円 矢作芳人

Curlin産駒は、やや牡馬寄りも牝馬も問題ない印象。
Union Ragsの母父は未知。

悪くない印象ですが・・・募集価格が高いので・・・。



サウンドオブフリーダム21 メス
父:Golden Horn
母父:Duke of Marmalade

鹿毛 2/20 1,800万円 4.5万円 安田翔伍

4番子


Golden Horn産駒はサンプルが少ないので判断しずらい
Duke of Marmaladeの母父も同様。

判断材料はないが・・・。
持ち込み系の中では、
募集価格が安いので、
最上位と考える手もあるかも?



とりあえず、
2022年の東京サラブレッドクラブの募集馬の診断を全馬チェックを終えました。

今回の
2022年の東京サラブレッドクラブの募集馬の診断8では?

これまた推しというほどではないですが・・・。

レイズアンドコール21 牡


ですかね。

とはいえ、早期に、3000万円の募集価格を回収できるのか?
と聞かれると疑問があります。

無事なら、勝ち上がれそうだな・・・。
2勝できるかな?ぐらいの期待値。


となると、ムリをする必要はないというのが
私の個人的な意見
です。

あとは、尺と動画を観て
おすすめランキング的な形でもう少し書きます


ただ、申込みはしないので、超無責任な感じです。 ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年06月21日

東京サラブレッドクラブ 募集馬 2022 診断 7

さて、昨日から
2022年の東京サラブレッドクラブの募集馬の
会員先行申込みが解禁!!!


となりましたね。


まず、結論から書きましょう。

私は、今年度は
『2022年の東京サラブレッドクラブの募集馬への申し込みはしません』


先日も書きましたが、

 いわゆる一口馬主は、終活中です。

まだ元気な現役馬がいるので
即座に、ヤメる理由はない
んですが・・・。

市場的にも、会員数の飽和になってきた感じで
東京サラブレッドクラブあたりでも、
希望馬も取れなくなってきたので
ここらが潮時・・・そうゆう判断
です。

ただ、それを撤回してでも、申込みしたい!!!
と思わせる募集馬はいなかったというだけ
です。

ちょっと長くなりました。

本日の本題は、
2022年の東京サラブレッドクラブの募集馬の診断の続き

今回は?
2022年の東京サラブレッドクラブの募集馬の診断
第7段
は?※残りの関東の募集馬2&関西1


マレーナ21 牡
父:レッドファルクス
母父:ダイワメジャー

芦毛 2/28 2,800万円 7万円 手塚貴久

4番子
特別な活躍の兄姉はいない。

レッドファルクス産駒は、サンプルが少ない
ダイワメジャーの母父は、やや牝馬寄りか?


可もなく不可もない感じ
馬体と尺・動画を観ての判断


メガン21 牡
父:レッドファルクス
母父:ディープインパクト
芦毛 4/2 2,400万円 6万円 尾関知人

3番子

レッドファルクス産駒は、サンプルが少ないが
ディープインパクトの母父は、牡馬寄り。

これは、ヤマを張れる感じか?
馬体と尺・動画を観て判断でしょう。



ブランシェール21 牡
父:エイシンフラッシュ
母父:ディープインパクト

鹿毛 4/9 2,400万円 6万円 鹿戸雄一

8番子

レッドランサー&レッドライデンが半兄にいる。

エイシンフラッシュ産駒は牡馬寄り
ディープインパクトの母父は、牡馬寄り。

勝ち上がるイメージは沸くが
大物ではないかも
しれない・・・。
馬体と尺・動画を観て判断でしょう。

関東募集馬完了。

続いて、残りの関西の募集馬へ

ブラックスビーチ21 牡

父:モーリス
母父:ディープインパクト

鹿毛 3/23 3,600万円 9万円 安田隆行


初子

父モーリスは牡馬寄り
母父:ディープインパクトも牡馬寄り

狙い目は立つ印象。
小柄でないか?とか懸念はあるので

馬体&動画次第でしょう。


ヴゼットジョリーの2021 牡

父:ブリックスアンドモルタル
母父:ローエングリン

青鹿毛 4/27 3,200万円 8万円 安田隆行

ブリックスアンドモルタル産駒も未知
母父ローエングリンも未知。

正直判断材料がない。
馬体&動画次第でしょう。


リヴィアローズ21 メス

父:オルフェーヴル
母父:Galileo

栗毛 4/28 2,200万円 5.5万円 武幸四郎

7番子
レッドローゼスが半兄にいる
その他は、活躍馬がいない。

オルフェーヴル産駒はやや牡馬寄り
母父のGalileoもやや牡馬寄り
ではあるが・・・牝馬でもダメという事はないが・・・。
強調できる材料はない。



レッドディオーサ21 牡

父:リアルスティール
母父:キングカメハメハ
牡 鹿毛 3/3 3,000万円 7.5万円 庄野靖志

初子

リアルスティール産駒はまだこれから。

キングカメハメハのBMSは優秀なので
ヤマを張る手はあり。


馬体&動画次第でしょう。


『東京サラブレッドクラブ 募集馬 2022 診断 7』では

メガン21 牡

あたりでしょうかね?

推しってほどでもないんですけど
価格と可能性のバランスを考える
と。

って感じです。


そもそも、現在の市場環境的に、難易度が高いんです。

種牡馬としての信頼度のワリに、
種付け料が先に上がってしまい
募集価格が総体的に高くてリスキー

で、たぶん安価な募集馬は
ほぼ埋まってしまう感じになりそう・・・。


な印象です。

で、最初の話に戻るワケですが・・・。

最近、一口馬主に関する
いろんな記事をみますが、(余談ですが)

「ロマンがあればいいとか・・・」

「収支は度外視とか・・・」


 マジ・・・意味不明に思います。(最初はそうかもですが)

 長い事やってると、
 愛馬が全然、レースに出なかったり、
 賞金稼いでこないと、絶対つまんないですよ。



 少なくとも、収支さえも気にしてない
 と、みる目もつかないと思うんで
・・・。

と個人的には思ってます。 ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング