2022年12月08日

オメガパフュームの引退で、東京大賞典出走もあるのか?

昨日、2022年の東京大賞典でのラストランの予定だった
オメガパフュームが現役引退を表明。


という中で
まさかの、
わが愛馬のレッドガランの次走に影響があるかも?

というニュースである・・・。

という事で

ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

2022.12.07
栗東:安田隆行厩舎
本日は引き運動をおこないました。

安田隆行調教師
「レース後は厩舎周りの引き運動で疲れを取っています。

 これまでのところ脚元や筋肉に問題はありませんし、
 食欲の面でも心配するようなこともなく
 体を減らしてもいません。

 本当にタフな馬ですね。

 今後については
 地方との交流競走も選択肢に入れていくつもり。
 初のダート、それもGIという大舞台で
 上位と差のない競馬をすることができましたし、
 芝のGVでは斤量を背負い
 厳しい競馬を強いられるでしょうから、
 ダート路線に活路を求めていくことにしました。

 年末の東京大賞典や
 2月の川崎記念も候補に上がっており、
 もう少し状態を確認してから
 最終的にどのレースに向かうのか決めたい
と考えています」

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

てっきり、レッドガランは
先日の2022年のチャンピオンカップで
下半期は走り納めかな?(札幌記念の後、放牧明け3走しているので)

と思っていたのですが・・・。

今時期は、好調期なレッドガラン。
されど、相手関係が厳しかったここ3戦は
2桁着順続きであるが・・・。


そんな中、オメガパフュームが現役引退を表明し
1枠空いた
2022年の東京大賞典。


もしかしたら、出走できるかも?
という状況でしょう。(詳しく調べてない)

2022年は芝ではあるものの
重賞2勝しており、
賞金的に出走可能かもしれない。

あとは、状態面もありますが
そこは問題なさそう・・・。

部類の南関東好きの私からすると、
東京大賞典挑戦は歓迎である。


年末の東京大賞典で愛馬の馬券を買う!!!

※馬券内なら、こんな幸せはない!!!

ここは結果ではないのだ。
夢なのである・・・。 ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年12月05日

なんだか、勿体ないレースでしたね・・・。

昨日は、
わが愛馬であるレッドガランが
2022年のチャンピオンカップに挑戦するも
結果は、11着。


ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

2022.12.04
12月4日レース後コメント(11着)

安田隆行調教師
「応援ありがとうございました。
 初ダート、それも強豪馬相手に悪くない走りを見せてくれたと思います。

斎藤新騎手は
『スタートでトモを滑らせてしまったが、
 キックバックを気にすることもなく、
 我慢強く走ってくれた。

 今日は特別相手が強かっただけのことで、
 ダートでも十分やれると思う』
と話していました。

今回の走りっぷりから、
今後は交流競走をはじめとした
ダート路線を歩んでいってもいいかもしれません。

活躍できる可能性は大いにあると思いますよ。

次走などについては
馬の状態を見てから考えさせていただきます」

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

さて、初ダート挑戦がダートの頂上決戦となった
レッドガラン。

振り返りをすると、
少々スタートで躓いた感じがあるも
悪くないスタート。

ここから少しポジションを取るか?
というところで、
控える競馬でしたね・・・。

で、仕掛けもほとんどなく
遅れて直線勝負の形。

結果は、11着。

個人的には、あのスタートなら、最低でも
イン5ぐらいとれたと思うんです。

結果、失速したとしても、
そうゆうレースして欲しかったですね。

というのも、
スローペースで
上がりは、36.9でした。

あの位置から競馬するなら
36秒前後以上の鬼脚がないと、勝ち負けにならない・・・。


これ?天皇賞秋でもそうなんですが・・・。

G1クラスいや重賞クラスでは、
芝・ダートでは
レッドガランは鬼脚ではないのです・・・。



ダート適性がないワケではなさそうですが・・・。


 うーん。なんでしょうね?
 なんだか、勿体ないレースでしたね・・・。


で、レッドガランの次走については?

>交流競走をはじめとしたダート路線を歩んでいってもいいかもしれません。

との事なので
東海Sあるいは、川崎記念あたりでしょうか?

場合によっては
佐賀記念も候補になりそうですが
ハンデの問題があるので、
その場合は芝の番組も選択肢
かもしれません。

いずれにしても、
レッドガランは、
2022年は走り納め
でしょう。

中山金杯・新潟大賞典と重賞を2勝してくれましたし
ほんとによく頑張ってくれました。


来年は8歳馬となりますが
もう1つ2つ頑張って欲しいものです(^^♪
ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年12月01日

過去最高のデキの可能性もあるとみてます。

さて、2022年も師走に入りましたね。
1年早いものです。

で、今週は、わが愛馬の出走レースとしては
2022年最後の?ビッグレース挑戦!!!となりそうな

レッドガランが、初ダートにて
頂上決戦である
2022年のチャンピオンカップ挑戦!!!


という事で、直前追切などについて♪

ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

2022.11.30
栗東:安田隆行厩舎
本日は坂路で追い切りました。
坂路 斎藤新J 55.2-39.0-24.7-11.8 強め

安田隆調教師
「最終追い切りは斎藤新騎手を乗せて坂路でおこないました。

 テンはゆっくり入ってラスト1ハロンだけ
 サッと伸ばす形でしたが、
 実にパワフルで素晴らしい動きでしたよ。

 割と速い時計が出やすい馬場状態だったようですが、
 時計と動きがしっかりマッチしていて
 仕上がりについては言うことなしといったところです。

斎藤新騎手は
夏と比べると雰囲気、
 動きともにすごく良くなっています。

 この時季が合っているのでしょう』
状態面の良さに自信を持っていました。

ダートについては
初めてなので何とも言えませんが、
血統的な裏付けはありますし、
これだけ具合がいいので楽しみ
にはしています。

斎藤新騎手には、
自分で仕上げた馬なのだから
大舞台でも臆することなく自信を持って乗ってもらいたい
ですね」
12月4日(日)中京11R・チャンピオンズC(G1・ダート1800m)を斎藤新騎手で予定。
想定から除外はありません。

2022.11.24
栗東:安田隆行厩舎
本日はプールで調整しました。

助手
「今朝(木)は引き運動後にプールで泳がせました。
 追い切り後も馬体に疲れは見られませんし、
 体調面も変わらず良好です。
 530キロある大型馬で飼い葉食いに困らないタイプですが、
 馬体にはメリハリがあって無駄のない仕上がりです。

 昨日(水)追い切って9割方態勢は整ったので
 あとは微調整をおこなって
 ベストコンディションに持っていければといったところです」

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

さて、レッドガランのチャンピオンカップの
大一番前の直前追切
については
コンディションに関しては、
新年の初重賞制覇を果たした
中山金杯の時のような感触あり。(主観)

もしかしたら、それ以上
過去最高のデキの可能性もある
とみてます。


正直、ダート適性は未知です。
されど、出資した当初(6年前)こんな見立てをしていました。

ダンスオンザルーフ15


時を超え、芝で重賞2勝する前で成長し
芝の伝統のG1天皇賞秋に挑戦し

今度は、ダートの頂上決戦に臨む
愛馬レッドガランとしての大舞台。


私自身、かなり気合が入ってます(自分が走るワケでもないのに)

馬券師としても
この後のレースを鑑みると、
あまり大きな勝負できそうな感じがないので
2022年のチャンピオンカップは
大勝負レース
として考えています。

予想も気合い入りまくりです。
当然、本命予想は?レッドガラン
です!!! ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年11月24日

1発の気配漂う・・・(出資者としての贔屓目込み)

さて、来週は、初のダート転戦にして
いきなりのダートの頂上決戦である
2022年のチャンピオンズCに臨む
わが愛馬「レッドガラン」。

そのレッドガランのチャンピオンズC
1週間前追い切りなどについて♪

ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

2022.11.23
栗東:安田隆行厩舎
本日はBダートコースで追い切りました。
Bダート 斎藤新J 82.1-67.2-53.0-38.5-11.4 一杯

安田隆調教師
「レースで騎乗する斎藤新騎手を乗せて
 Bダートコースで追い切りました。

 1週前なのでテンションには気をつけたうえで
 しっかりと負荷を掛けてもらいましたが、

ジョッキーは追い切り後に
『雨で馬場状態はあまり良くなかったのですが、
 脚を取られることなく、
 終いもしっかり反応できていました』とのことでした。

普段の調教を見ていても引き続き具合は良さそうですし、
ダートの走りも問題ないので
私自身、皆さんと同じように
来週のレースを楽しみにしています」
※12月4日(日)中京11R・チャンピオンズC(G1・ダ1800m)を斎藤新騎手で予定。

2022.11.17
栗東:安田隆行厩舎
本日はプールで調整しました。

助手
「厩舎周りで引き運動をおこなってからプールで調整しました。
 追い切り後も脚元など馬体に疲れはなく、
 テンションもこれまで通りで問題ありません。

 馬体重は530キロあって逞しく、
 迫力のある馬体になっています。
 これなら来週の1週前追い切りでしっかり負荷を掛けられる
でしょう」

2022.11.16
栗東:安田隆行厩舎
本日は坂路で追い切りました。
坂路 54.9-39.7-25.1-12.2 馬なり

助手
「坂路で前走後初めて時計を出しました。

 まだ競馬まで時間があるため、
 無理させない程度にとどめましたが、
 気持ちが先走ることもなく、
 いい位置でハミを取って走っていましたよ。

 疲れも全く感じなかったですね。
 飼い葉はバリバリ食べて体はフックラ見せていますし、
 毛ヅヤも良好で状態面に関しては言うことがありません」
※12月4日(日)中京11R・チャンピオンズC(G1・ダ1800m)を斎藤新騎手で予定。
2022.11.10
栗東:安田隆行厩舎
本日は坂路で調整しました。
坂路 67.8-50.1-33.0-16.1 馬なり

助手
「今朝(木)も坂路1本の調整でした。
 ムキにならずに折り合って走ることができていますし、
 連戦した後でも硬さはなく、
 年齢を感じさせない身のこなし。
 本当にタフですね。
 体も十分に回復したので、
 次走に向けて早ければ週末からペースアップすることになりそうです」

2022.11.09
栗東:安田隆行厩舎
本日は坂路で調整しました。
坂路 68.7-51.3-33.8-16.6 馬なり

助手
「今朝(水)は坂路でキャンター調整をおこないました。
 先週土曜日からコース入りしていますが、
 乗り出してからも特に疲れを見せることはなく、
 硬さもありません。

 毛ヅヤは相変わらず良く、
 飼い葉も常に完食しています。
 もちろんガランらしく活気は十分で、衰えも感じませんよ。
 これならレースに向けて徐々にペースを上げていけそうです」

安田隆調教師
「次走チャンピオンズCの鞍上についてですが、
 騎乗を依頼していた岩田康成騎手が
 レース当日は阪神で騎乗することになったということで、
 自厩舎の斎藤新騎手で行かせていただくことになりました。
 これまで通り普段の調教や追い切りにも乗せて
 レースに向けてしっかり準備していきますので、
 よろしくお願いいたします」
※12月4日(日)中京11R・チャンピオンズC(G1・ダ1800m)を斎藤新騎手で予定。

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

さて、レッドガランの2022年のチャンピオンズCの
1週間前追い切り。

正直、ダート適性は未知。


されど、このくらいのタイムと

>ダートの走りも問題ないので
>私自身、皆さんと同じように
>来週のレースを楽しみにしています

という斎藤新騎手のコメントからも

 1発の気配漂う・・・(出資者としての贔屓目込み)

そんな印象を個人的に受けてます。

別目線、(あくまで、出資者としての希望・憶測)

もし、レッドガランが
 テーオーケインズより強い馬だった場合

 見返りは大きい
ですよね♪

2023年のダート界で主役になれる存在になりますからね・・・。


どうも、今回のチャンピオンズC挑戦に
反対派の方が多いみたい
なんですが・・・。

私はこの挑戦は、
前走の2022年の天皇賞秋より、
よっぽどチャンスがあるとみてます♪
ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年11月03日

レッドガラン チャンピオンズC

2022年の天皇賞秋に出走し、
14着と大敗を喫した形の
わが愛馬「レッドガラン」

次走は、急転直下で
2022年12月4日(日)に中京競馬場でおこなわれる
ダートのG1・チャンピオンズカップ


ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

2022.11.02
栗東:安田隆行厩舎
本日は引き運動をおこないました。

安田隆調教師
「レース後も馬体、歩様に異常はありません。
 食欲もあって飼い葉は残さず食べており、
 馬体重も524キロといつも通り体はすぐに戻りました。

 この後について厩舎スタッフらとも話し合った結果、
 12月4日(日)に中京競馬場でおこなわれる
 ダートのG1・チャンピオンズカップを
 目標に進めていこう
ということになりました。

 ダートを走るのは初めてになりますし、
 それもダート界の頂点に立つ馬たちと走ることになりますが、
 普段感じるパワーや血統背景からもダートもこなせるのでは…
 と見ているところ。

 年齢的にいつまでもというわけにはいかない中で、
 ダートでいい競馬ができれば
 来年の選択肢は広がりますからね。
 挑戦する価値は十分
でしょう」
※12月4日(日)中京11R・チャンピオンズC(G1・ダ1800m)を岩田康誠騎手で予定

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

少々、驚きました。
なんとなく、安田調教師は、
レッドガランのダート路線への転戦は
頭にない印象でしたから・・・。

おっしゃると通りで

 普段感じるパワーや血統背景からもダートもこなせるのでは…

現時点では仮説に過ぎないワケなんですが、
良い時期だからこそ、適性確認はしておきたい。

そうゆうところでしょう。

重賞2つ勝っており、賞金はあるので
出走できる点。

G3クラスになると、
58キロと厳しいハンデになる・・・。
そうゆう点が考慮されたのではないでしょうか?

当ブログでも、書いてきましたが・・・。

芝では頭打ち。(重賞クラスではあるけれど、トップクラスではない)
ダートは未知。

相手関係をみても、
仮に、テーオーケインズあたりと良い勝負ができれば、
タイトル獲得の可能性があるワケで・・・。

可能性に賭けてみる価値は十分でしょう。

2022年のG1・チャンピオンズカップ
非常に楽しみ
ですね♪
ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年10月31日

正直に・・・結果は、厳しかったですね

昨日は、
愛馬である
レッドガランが初G1挑戦となった
2022年の天皇賞秋に出走しました。

結果は・・・・14着


ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

2022.10.30
10月30日レース後コメント(14着)

安田隆行調教師
「すみませんでした。
 G1の強豪馬を相手に精一杯の走りを見せてくれましたが、
 厚い、厚い壁に跳ね返されてしまいました。

 横山和生騎手も
 内に拘ってロスなく立ち回ってくれたんですけれどね。

 ジョッキーは
『離れずに追走できたし、
 直線に向いた時は手応えも抜群で入着も意識したが、
 使えた脚は一瞬で坂を上がってからは
 脚色が一緒になってしまった。

 今日は特別相手が強かっただけのことで
 G3やG2なら十分やれるだけのポテンシャルは持っている

と話していました。

8歳が目前といったところですが、
もう一つでも重賞のタイトルを上積みするのを
目標にこれからも頑張ってもらいましょうか。

仕切り直しです。

次走などについては
これから厩舎スタッフとも話し合って決めさせていただきます


【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

正直に・・・結果は、厳しかったですね。

ただ、7歳にして
初G1出走できるだけの実績を積み上げてきた。

ここは評価したい
ですね。

レースについては、同じ結果であったとしても
イン5ぐらいでレースを進めて欲しかったですね。

というのも、道中脚は溜まっていたのでしょう。
33秒台前半の脚は使えているのですが・・・。

されど・・・流石はG1に出走するメンバーですね。

周りの馬もほとんどの馬が33秒台前半の脚を使い
差が縮まらなかった・・・。


レッドガランの次走については、ダート路線を試すか?(この可能性は低そうだけど)

あるいは、芝ならば、
G2もしくはG3で58キロでの出走でしょうか?

続報を待ちたいですね。 ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年10月27日

レッドガランの2022年の天皇賞・秋の直前追い切りなどについて

さて、今週は、
愛馬レッドガランが、初のG1挑戦となる
2022年の天皇賞・秋(G1・芝2000m)に出走予定♪


という事で
直前追い切りなどについて♪

ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

2022.10.26
栗東:安田隆行厩舎
本日は坂路で追い切りました。
坂路 斎藤J 53.0-38.5-24.9-12.3 馬なり

助手
「中2週である程度仕上がっていますし、
 東京までの輸送を考慮する必要もあるので、
 テンションが上がり過ぎないよう
 終いはあまり速くなり過ぎないように追い切ってもらいました。

 騎乗した斎藤新騎手によると
『馬なりでも反応はすごく良かった。

 夏場よりも動きは良く、
 競馬でも動ける仕上がりにあると思う』

 とのことでした。

 硬さもなく、元気一杯でこの時季でも毛ヅヤはピカピカ。

 好調さをキープしているので、
 このままの状態でレースに臨めればと考えています」
※10月30日(日)東京11R・天皇賞・秋(G1・芝2000m)を横山和生騎手で予定。

2022.10.20
栗東:安田隆行厩舎
本日は坂路で調整しました。
坂路 65.2-46.8-30.5-15.1 馬なり

助手
「前走の疲れも抜けて硬さはありませんし、
 大きなストライドで坂路を駆け上がっています。

 7歳となった今でも衰えはなく、
 毛ヅヤはピカピカで元気一杯ですよ。

 もちろん飼い葉も完食しています。
 予定通り、週末に1本時計を出すことになりそうですが、
 次はG1の大舞台となるので、
 これまで以上にいい状態で出走できるよう頑張ります」

2022.10.19
栗東:安田隆行厩舎
本日は坂路で調整しました。
坂路 66.9-49.2-32.6-16.3 馬なり

助手
「レース後も疲れはなく、
 調整は順調に進んでいます。

 今日は坂路を普通キャンターで1本乗りましたが、
 周りにたくさんの馬がいても落ち着いていて、
 折り合いを欠くこともありませんでした。

 今のところ明日も普通キャンターか、
 やっても15-15程度の調整にとどめ、
 週末と来週半ばに時計を出してレースに臨む予定です」
※10月30日(日)東京11R・天皇賞・秋(G1・芝2000m)を横山和生騎手で予定。

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

状態面は問題ないでしょう。

前走より、条件は良いけれど・・・。
あとは、相手関係だけ
ですね・・・。


 おそらく人気は、下から数えた方が早いでしょう。

 軸にオススメとは正直言えません。

 せいぜいヒモに1本というのが精一杯
でしょうし、
 妥当な判断です。


正直、私もレッドガランが
愛馬でなければ、1枚も買わないレベル。

ですが・・・出資馬である以上
応援したいので、買うワケです。

もし、3着以内なら、見返りは大きいワケで・・・。

このあたりが零細出資のささやかな夢ってところでしょう♪
ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年10月13日

レッドガラン 横山和生騎手で天皇賞 秋へ

レッドガランの次走は、
横山和生騎手で天皇賞 秋へ

ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

本日は引き運動をおこないました。

助手
「レースは引き運動をおこなっていますが、
 脚元などに目立った外傷はなく、
 筋肉などに疲れもありません。

 相変わらず食欲旺盛で、
 飼い葉も残さず食べていますよ。

 思った以上に回復も早いようなので、
 明後日(金)乗り出して問題がなければ
 次走は10月30日(日)東京の天皇賞・秋(G1・芝2000m)に向かう予定。

 鞍上については、
 岩田康誠騎手は先約があって騎乗できないということで、
 横山和生騎手に依頼
しました」
※10月30日(日)東京11R・天皇賞・秋(G1・芝2000m)を横山和生騎手で予定。

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

そういえば、愛馬では初の天皇賞・秋への出走です(^^♪

正直、2022年の天皇賞・秋はだいぶメンバー揃ってそうなんで・・・。

できれば、8着以上を期待したいです。

あわよくば3着以上という期待感で応援したいです。 ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年10月11日

距離でしょうね。

2022年の京都大賞典に挑戦した
愛馬レッドガラン。

右矢印1結果は、9着。


ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

2022.10.10
栗東:安田隆行厩舎
10月10日レース後コメント(9着)

安田隆行調教師
「よく頑張ってくれてはいるんですけれどね…。
 初めて走る距離に多少なりとも不安がありましたし、
 一発を狙って無理せず内に拘って

 競馬をしてもらいましたが、
 勝ち馬と同じ位置、

 2着馬の真後ろで
 上手に競馬ができた中でジリジリとしか伸びなかったですね。

 力の差があったのは認めざるを得ませんが、
 いい時に比べて体にボリュームというか
 張りがないことからも
 良化途上にあるかもしれません。

 使いつつ良くなってくるタイプの上に、
 寒くなってくる
 これからはガランにとってピッタリのシーズン。

 状態次第では天皇賞秋に向かってもいいのではないでしょうか

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

ポジション的には、もう1段前につけたかった印象ですが、
正直、最後伸びなかったですね・・・。

こうゆうのは、距離でしょうね。

で、安田調教師の判断は、
次走は、天皇賞秋方向のようですね・・・。



G3を2つも勝ってくれたワケですが・・・。

芝の一線級の中距離路線では、
かなり厳しい印象。


もう1段下のグループにいるワケですが
G3だと、ハンデが厳しくなるのが予想されるワケですが・・・。

正直、ダート路線を試す時期に来ていると思う。

結果、適性がなければ、芝に戻せばよいワケで・・・。
ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年10月08日

レッドガランの2022年の京都大賞典の直前追い切りなどについて

今週は。レッドガランが、
2022年の京都大賞典に挑戦!!!

レッドガランの直前追い切りなどについて♪

ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

2022.10.06
栗東:安田隆行厩舎
本日は引き運動をおこないました。

助手
「今朝(木)は厩舎周りの引き運動のみでした。
 ガランとしてはすごく落ち着いていて
 雰囲気は上々。
 ここまでは至って順調です。

 体重も裸で530キロあったので、
 競馬では520キロを切るくらいで
 出走することになるのではないでしょうか。

 G2でメンバーは強いですし、
 2400mも初めてとなるので不安がないわけではありませんが、
 とにかく具合はいいのでいいレースをして欲しいで
すね」
※10月10日(月)阪神11R・京都大賞典(G2・芝2400m)に岩田康誠騎手で出走します。
2022.10.05
栗東:安田隆行厩舎
本日は坂路で追い切りました。
坂路 岩田康J 54.9-38.8-24.3-11.9 一杯

安田隆調教師
先週テンからしっかりやって4ハロン50秒台の猛時計を出したので、
 今朝は終いを伸ばして息を整えました。

 雨で重たくなった馬場、
 それも多くの馬が走り終えた後の荒れた馬場状態の中で
 ラスト1ハロンは11秒9。

 相変わらずいい動きで、
 騎乗した岩田康誠騎手も
 『前回と比べてバランスは良くなっているし、
 落ち着きもある。

 具合はかなりいいと思う』と満足そうでしたよ。

 今回は広いコースに替わりますし、
 北海道滞在時よりも中身の濃い調教ができているので、
 同じG2でも改めて期待しているところ。
 ここで結果を出して次に弾みをつけたいですね」
10月10日(月)阪神11R・京都大賞典(G2・芝2400m)を岩田康誠騎手で予定。想定から除外はありません。

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

レッドガランは、
先週の1週間前追い切りで
高時計出していますし、直前は軽くって感じのようですが
きちんとしたタイムになっているので、
状態面は文句なし。

前回も書きましたが・・・。
相手関係は、前走より緩和。
状態面は、上向。
距離は???


って感じですね。

信じて応援するだけです♪
ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年10月02日

デキは問題ないでしょう。

来週は、わが愛馬の大将である
レッドガランが、G2
2022年の京都大賞典に挑戦!!!

本日は、1週間前追い切りなどについて♪


ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

2022.09.29
栗東:安田隆行厩舎
本日は坂路で追い切りました。
坂路 岩田康J 50.5-37.1-24.4-12.4 一杯

助手
「もともと動く馬ですが、
 今日もジョッキーが乗ったとはいえ良く動きましたね。

岩田康誠騎手は
『1週前追い切りということでテンから動かしたが、
 札幌記念の時より前後のバランスは良くなっている。息遣いも問題ない』

と話していました。

普段の様子を見ても具合は良いと思うので、
あとは体だけ戻せればと考えています」
※10月10日(月)阪神11R・京都大賞典(G2・芝2400m)を岩田康誠騎手で予定。

2022.09.28
栗東:安田隆行厩舎
本日は坂路で調整しました。
坂路 65.3-47.8-31.8-15.9 馬なり

助手
「明日(木)追い切る予定のため、
 今朝は坂路を普通キャンターで1本上がりました。

 今週に入ってからの調整も順調にこなしていますし、
 相変わらず飼い葉は残さず食べています。

 もちろんガランらしく馬っ気の強さも見せていて、
 いつも通りの姿ですよ」

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

かなりの調教タイムが出てますね?
デキは問題ないでしょう。

札幌記念よりは、上積みはありそう。

札幌記念に比べると
相手関係は緩和された印象。

あとは、距離適性次第でしょう。


人気はいらないんで
大仕事期待したいですね♪ ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年09月03日

レッドガラン 京都大賞典へ

2022年の札幌記念から放牧に出ていたレッドガラン。

天皇賞秋を目標にもう1走の可能性を示唆されていて
次走が注目でしたが・・・。

レッドガランの次走は?
2022年の京都大賞典へ。

ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

2022.09.02
山元トレーニングセンター

担当スタッフ
「レース当日は天気が良くて気温も上がりましたし、
 輸送なんかもあって、
 こちらに到着したときはクタッとして表情も
 イマイチだったので心配したんですけどね。

 脚元などに異常は見られないので
 水曜日から乗っているのですが、
 跨ったらいつもの元気なガランといった感じ。
 一時的なものだったんでしょうね。

 あまり競馬をしていないのか大きな消耗は見られず、
 入場時524キロの馬体重は534キロまで回復しています。

 馬の状態に不安が見られないことから、
 次走は10月10日の京都大賞典(阪神・芝2400m)が予定されました。

 9月中旬頃の移動になるかと思いますので、
 次へ向けてしっかりとコンディションを整えて、
 好状態で送り出せるよう進めていきます」

2022.08.27
山元トレーニングセンター
本日(土)山元トレーニングセンターに移動しました。

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

レッドガランは、
阪神コースは4勝しており
得意ではありますが・・・。
7歳馬にして、最長距離となる芝2400mを選択してきた形。

正直、長いと思いますが・・・。

天皇賞秋に向けての叩きって感じでしょうか?

個人的な意見で書けば、
毎日王冠の方がハマる印象はありますし、
そこからのマイルチャンピオンシップ狙いも悪くないと思うのですが・・・。

天皇賞秋はだいぶメンバー揃いそうなんで・・・。 ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年08月24日

思っていたより、ペースが流れませんでしたね。

さて、遅くなりましたが・・・。
先週末。

夏のスーパーG2
2022年の札幌記念に挑戦した
愛馬レッドガラン。

結果は、9着
でした。

ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

8月21日レース後コメント(9着)
安田隆行調教師
「すみませんでした。
 スタートはバチッと決まりましたし、
 前半の進みも悪くなかったですが、
 やはり小回りのせいか少しモタモタしているように見えました。

 やはり広いコースで伸び伸び走らせるのがベストということでしょう。

 それでも暑い中、
 トレセンではなく競馬場での調整になった中でも
 よく頑張ってくれたと思います。

レース後に
岩田康誠騎手は
『すみませんでした。メンバーが強かったし、前も止まらなかった。
 それに新潟で勝った時と比べて
 前後のバランスがもう一つで終いの伸びに繋がらなかった。
 これから涼しくなるにつれ良くなると思う』
と話していました。

上がりの様子に異常はなく、
この後すぐに社台ファームに移動します。

今後は秋の天皇賞を最大目標にと考えているところで、
その前に一戦挟むかについては
馬の状態次第で判断させていただきます」

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

さて、レースの振り返りですが・・・。
思っていたより、ペースが流れませんでしたね。

&馬場状態もあり
上がり最速が36.6ですからね。

逃げ・先行馬ペースだった・・・。
そうゆうレースでしたね。

結果論で書けば
思い切って前へ。

そうゆうレースが正解だったかも
しれませんが・・・。

あまり騎手を叩く気にはなりません。


相手はだいぶ強かったですし
夏場ですからね・・・。

まー夏のスーパーG2札幌記念に
愛馬が出走してくれるだけでも、嬉しいものでした。

無事で、次戦を期待したいですね。
ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年08月14日

レッドガランの2022年の札幌記念の1週間前追い切りなどについて

さて、いよいよ来週に迫った
わが愛馬の大将である
レッドガランが出走予定の2022年の札幌記念。

本日は、レッドガランの2022年の札幌記念の1週間前追い切りなどについて♪

ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン


2022.08.11
函館競馬場/安田隆行厩舎
昨日(水)函館競馬場ウッドチップコースで調整しました。
今日(木)函館競馬場芝コースで追い切りました。
函館芝 岩田康J 69.4-52.7-38.8-11.9 強め

助手
「今朝(木)函館競馬場の本馬場で1週前追い切りを消化。

 騎乗したのは岩田康誠騎手で、
 単走で5ハロンから時計を出しました。

 見た感じでは大型馬らしく
 迫力のある動きに映った
のですが、

ジョッキーの話では
変に乗りやすかった。
 今日やったことでもう少しピリッとして欲しい』と辛めのジャッジ。


 先週追い切ってから
 飼い葉食いや肌ツヤが良くなり、
 コンディションが上がってきているように感じるものの、
 次はG2でメンバーも大幅に強化されるだけに、
 それらの馬相手に太刀打ちするとなると
 状態はもう一段階上がってきて欲しい
ですね。

 今日の追い切り内容を受けて、
 週末も直線だけ伸ばすことになるかも
しれません」
※8月21日(日)札幌11R・札幌記念(G2・芝2000m)を岩田康誠騎手で予定。

2022.08.04
函館競馬場/安田隆行厩舎
昨日(水)函館競馬場ウッドチップコースで追い切りました。
函館ウッド 67.3-52.9-39.0-13.2 馬なり
今日(木)引き運動をおこないました。

助手
「昨日(水)函館ウッドコースで追い切りました。
 抱えておいて、ラストにビュッと伸ばすようなパターンではなく、
 全体的に時計を出して息を作るイメージで乗りましたが
 、馬場が重かった割にしっかり動けていました。

 馬体重も526キロと少しずつ引き締まってきていて、
 動きや息遣いの重たさも日に日に解消しつつあるところです。

 気になるのは、まだ環境に慣れていない部分。

 運動に出ても鼻をフンフン鳴らしたり
 ソワソワしたりしていて、
 『古馬で馬っ気が強い割に小心者なんだな』

と意外な一面に気づかされました。

 一日でも早く落ち着いてくれるように
 寄り添ってあげないといけませんね。

 来週の1週前追い切りには
 レースで騎乗する岩田康誠騎手が駆けつけてくれ
るそうで、
 本馬場でしっかり負荷を掛けることになっています」

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

岩田康誠騎手いわく

>『変に乗りやすかった。
>今日やったことでもう少しピリッとして欲しい』と辛めのジャッジ。


との事ですね。

他の実績馬は、叩きの感じもあるでしょうけど

レッドガランとしては
2022年の札幌記念はメイチの状態で・・・。


そうゆう感じですよね。

勝負気配

ですよね。

直前追い切りで更なる状態アップを期待したい!!! ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年06月25日

レッドガラン 札幌記念へ

現在、放牧中の
わが愛馬のエースであるレッドガラン。

次走は、夏のスーパーG2である
2022年の札幌記念へ


ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

2022.06.24
山元トレーニングセンター

担当スタッフ
「この中間も周回コース、坂路、
 トレッドミルを併用しながらの調整で、
 ペースは引き続きハロン15秒ほど。
 ガラン的には楽なペースとはいえ、
 15-15を継続してきたことで
 トモのハマリも良くなってきましたよ。

 馬場状態などに問題が無ければ、
 今週末は終いだけ
 少し時計を詰めてみようかなというところです。

 次走は8月21日の札幌記念を予定。
 ここを使って天皇賞・秋へ向かうプラン

 と厩舎サイドから連絡を受けました。

 気候的なものに影響を受けている様子はありませんので、
 馬の動きや表情を見ながら、
 移動のタイミングから逆算して
 ジワリとペースアップを図っていきたいと思っています」

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】


札幌記念右矢印1天皇賞秋へ
という下半期のローテーションの
レッドガラン。


重賞2勝したことで
もう狙うは、頂点という事ですね。

そうゆう意味では
例年、メンバーが揃う
夏のスーパーG2である
2022年の札幌記念は、試金石
でしょうね。

ここで、やれるようであれば?
大仕事の可能性も出てくるかも?

と思います♪

ただ、メンバーはだいぶ強化されるので
このあたりがどう出る
かですね。 ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年05月09日

2022年の中山金杯に続き、重賞2勝目!!!

昨日は?
わが愛馬「レッドガラン」が?
2022年の新潟大賞典に出走し、

見事に優勝!!!!

新年の初戦となった
2022年の中山金杯に続き、重賞2勝目!!!

となりました♪

ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

5月8日レース後コメント(1着)

安田隆行調教師
「みなさんおめでとうございます。

 中山金杯に続いての重賞2勝目ですか。
 素晴らしい馬になりましたね。


 トップハンデのうえに
 外枠だったので楽な競馬にはならないと思っていましたし、
 実際に前半は外々を回されて厳しい競馬に。

 それだけにゴール前のひと伸び、
 頑張りには驚かされました。
 早めに自分から動く場面がありましたが、
 結果的にはあれが大正解だったようで、
 先行馬の後ろにハマって
 呼吸を整えてから直線を迎えられたように、

 ジョッキーも完璧に乗ってくれたと思います。

その岩田康誠騎手は
『3コーナー手前で馬がやる気になった時に
 ポジションを押し上げたのが良かったのかもしれない。

 ズブいタイプの馬だがパワーがあるので、
 ゴールまでみんな同じ脚色になってから頑張ってくれた。

 今日の勝利はガランはもちろん、
 厩舎や牧場スタッフの頑張りによるもの。

 みんなに感謝したいです』
と話していました。

 これからの時季は暑さとの戦いになってしまうので、
 この後については少しお時間をいただき
 来週半ばまでに決めたいと考えています」

【追記】
レース後、直接山元トレーニングセンターへ移動しました。
今後については回復状態を確認したうえで決めることになっています。

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

左回りは、さほど問題ないとみてましたが・・・。

57.5キロのハンデ
ここが争点
でした。

3着以上は自信はありましたが・・・。
1着は望外に良い結果
でした。

オッズ的には、
結構美味しい感じ
になりました♪


さて、今後については?
未定ですが・・・。

どうなんでしょうね?
宝塚記念は距離が少し長いので・・・可能性があれば?

安田記念の方でしょうけど・・・まーたぶんない
でしょうね。


条件的には、鳴尾記念か?エプソムカップの方がハマりそうだけど
ハンデが厳しくなりそう・・・。

結構、番組選びが難しい感じかも?

ですね。

状態面含め
続報を待ちたいですね。 ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年04月30日

世間が思っているより、苦手という認識はない

さて、本日は?

来週の
2022年の5月8日(日)新潟11R・新潟大賞典(芝2000m)に出走予定の
レッドガラン。

1週間前追い切りなどについて♪


ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

2022.04.28
栗東:安田隆行厩舎
本日はCウッドコースで追い切りました。
CW 岩田康J 79.5-64.2-49.1-35.2-11.4 一杯

助手
「予定通り、岩田康誠騎手が騎乗してCウッドコースで追い切りました。

 併せ馬の予定でしたが、
 前半からかなりの行きっぷりで単走の形に。

 それでも直線で促されると
 ガランらしい大きなフットワークで
 グングン加速してフィニッシュ
しました。

 予定とは違った内容の追い切りにはなったものの、
 相変わらず素晴らしい動きだった
と思います。

 無事に1週前追い切りを終え、
 あとはケアをしつつ微調整もおこなって
 来週の最終追い切りを迎えられれば…といったところですね。

 状態は着実に上向いていますよ」
※5月8日(日)新潟11R・新潟大賞典(芝2000m)を岩田康誠騎手で予定。

2022.04.27
栗東:安田隆行厩舎
本日は坂路で調整しました。
坂路 62.9-46.1-31.0-15.9 馬なり

助手
「明日(木)追い切る予定のため、
 今朝は坂路を普通キャンターで1本上がりました。

 普段は馬っ気を見せることが多いですが、
 走ることに前向きですし、
 帰厩時に萎んでいた体もここにきてパンとしてくるなど、
 本来のガランの姿を取り戻していますよ。

 明日はレースで騎乗する岩田康誠騎手に乗ってもらって、
 Cウッドコースでおこなう予定。

 来週は新潟までの長距離輸送が控えていて、
 直前の追い切りはサラッと程度にとどめておきたいので、
 明日(木)の1週前追い切りで
 しっかり負荷を掛けることになると思います」


2022.04.20
栗東:安田隆行厩舎
本日は坂路で追い切りました。 
坂路
レッドガラン    53.2-38.4-24.6-12.2 強め
スターザサンライズ 53.0-38.2-24.4-12.1


2022.04.13
栗東:安田隆行厩舎
本日は坂路で追い切りました。
坂路 53.4-38.5-25.1-12.4 馬なり


【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

 状態面に関しては、問題なさそうですね。

あとは?斤量&相手関係次第でしょう。

左回りは、結果があまり出てないですが・・・。

 正直、世間が思っているより、苦手という認識はない
ですね。

人気を落すなら、むしろ美味しいと考えるほどです。 ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年04月07日

レッドガラン 岩田康誠騎手と再コンビ結成

2022年の新潟大賞典に出走予定となった
レッドガラン。


鞍上には?
岩田康誠騎手と再コンビ結成
となるようです。

ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

2022.04.06
栗東:安田隆行厩舎

本日は引き運動をおこないました。
安田隆調教師
「放牧先の山元トレセンから『疲れを見せず元気一杯で、
 函館・札幌開催まで休ませる必要はないのではないか』

 とのお話があったので、

 昨日(火)帰厩させて5月8日(日)の新潟大賞典(G3・芝2000m)
 を目指すことにしました。

 レースまでは1ヶ月あまりと時間はたっぷりあるので、
 焦らず徐々にペースアップしていこうと考えています」

助手
「山元トレセンからの長距離輸送後のため、
 今朝は引き運動のみにとどめました。

 輸送で体が減るタイプなので見た目に太め感はなく、
 むしろ競馬くらいの体つきですが、
 いつも通り食欲旺盛なのですぐに回復すると思います。

 とにかく元気一杯で運動中に何度も立ち上がっていたので、
 明日から騎乗調教を開始して早めにガス抜きをしておきたいですね」
※5月8日(日)新潟11R・新潟大賞典(芝2000m)を岩田康誠騎手で予定。

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

なんとなくですが・・・。

>放牧先の山元トレセンから『疲れを見せず元気一杯で、
>函館・札幌開催まで休ませる必要はないのではないか』

安田隆調教師てきには?

2022年の新潟大賞典出走は本意ではないのかな・・・?
という印象は受けますね。

出資者としては、
適度に出走してもらえる方がありがたいワケで。

現役生活長くはないので・・・。

 山元トレセンさん
 ありがとう。

という感じなんですが・・・。

まー出走する以上は
きちんと仕上げてくれる事でしょう。


あと、岩田康誠騎手と再コンビ結成となるワケですが・・・。

正直、前回、結果が残せず
他馬に、直前で乗り換えられた経緯がありますので・・・。
あまり歓迎ではありません。


個人的には?
斎藤新騎手のままで良かった気もしますが・・・。


岩田康誠騎手は、
父のロードカナロアの主戦騎手であり、
産駒の特徴も良く知る騎手であると思いますし
最近、好調なのはたしかなので・・・。

岩田康誠騎手の剛腕に期待します。
ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年04月02日

レッドガラン 新潟大賞典へ

さて、夏に復帰予定的な感じだった
愛馬のレッドガラン。

急転直下で?
2022年の新潟大賞典に向けて、帰厩
へ。

ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドガラン

2022.04.01
山元トレーニングセンター→安田隆行厩舎

担当スタッフ
「周回コース、坂路、トレッドミルを併用してのメニュー構成で、
 予定通り先週末から坂路での15-15を開始。

 火曜日には坂路で3ハロン40.9-13.3のタイムで登坂しています。
 馬体重は変わらず535キロ。


 うるさいタイプで馬っ気なども
 注意しなくてはいけない馬ですが、
 入場からここまで手を焼かされるような
 場面はありませんでした。

 稽古に向かう姿勢もいいですしね。

 体調面はもちろんですが
 精神面に関しても不安はありませんので、
 厩舎とも相談して
 5月8日の新潟大賞典を目標
にすることになりました。

 現時点では4月5日(火)の検疫での
 トレセン帰厩が予定されていますので、
 今週末は15-15にとどめて移動
に備えます」

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

急転直下ですが、出走予定はありがたいです。

レッドガランは
大型馬で好調期
に入っており・・・

たしかに、4戦続けて使ったワケで
ひと息は必要だった
と思いますが・・・。

7歳馬で、訳もなく・・・長期休養は意味不明でしたからね。

正直、適鞍がない感じではありますが・・・。
その中で、新潟大賞典は悪くない選択に思えます。

たしかに、左回りは結果は出てないですが・・・。
それほど負けてはいないので。



状態如何では?
前倒しで、マイラーズカップも選択肢に入ってくるのかもしれませんね。

こちらは1600mで少し忙しいですが、得意の阪神コースになるので。


個人的には?
ダート転戦も視野に入れても良いと思います。

ハマれば?頂点はもちろん番組の幅も出てきますので。

いずれにしても、7歳馬ですので、
それほど長くない現役生活ですので
少しでもレース数を使っていって欲しいものです。 ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

2022年03月07日

ハンデ57.5キロが響いた感じでしたね・・・。

昨日は?

私にとっては、
出資者の2度目の対決となる
2022年の阪神11Rの大阪城Sとなったワケですが・・・。

正直、残念な結果でした。
まずは?レッドガランについて。

結果は4着
でした。

ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

2022.03.06
3月6日レース後コメント(4着)

安田隆行調教師
最後まで伸びてはいるのですが、
 上位とは決め手の差が出てしまいました。

 57.5キロの斤量も影響したのでしょうか。


 予定を前倒しさせていただいての
 出走だっただけにこの結果は申し訳なく思っています。

 すみません。
 今日の結果を受けて
 次走として検討していた大阪杯への出走は断念し、
 少し早めに放牧へ出すことにしました。

 来週中に山元トレーニングセンターへ移動させる予定。


 その後は洋芝を求めて
 比較的涼しい夏の北海道シリーズで頑張ってもらおう

 と考えています」

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

レースの振り返りですが・・・。
考えうる最高の形
イン3で進め、脚は溜まっていた形ですが・・・。

直線は?他馬に比べ勢いがありませんでしたね・・・。

>57.5キロの斤量も影響したのでしょうか。

まさに、ここでしょうね。

トップハンデで勝ち馬とは?3.5キロ差

2着馬とも2.5キロ差


いろいろ考えた結果
レースを選んでくれたとは思うのですが・・・。

ここまでの実力差はない・・・。

そうゆう事だと思います。

考え方ですが・・・。
ハイレベルな大阪杯はハナから使う必要がなかったので・・・。
※故障する馬が多いレースでもあるので・・・。




今回の結果は残念ではありますが・・・

敗戦が、後に、良い方に出たとなる可能性もあります・・・。

しばしの休養から再度重賞制覇というような活躍を期待したいですね♪ ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング