2022年06月16日

東京サラブレッドクラブ 募集馬 2022 診断 4

さて、先日に引き続き
2022年の東京サラブレッドクラブの募集馬の診断を
少しづつ書いていきましょうかね。

今回は?
2022年の東京サラブレッドクラブの募集馬の診断
第4段は?

キズナ産駒。

サークリングU21 牡

父:キズナ
母父:Galileo
鹿 02/08 3,200万円 8万円 国枝栄

4番子

まだ結果は兄姉でこれと言って活躍馬が出てない。

母父:Galileoは、思ったほど結果が出てない・・・。

その点と未知での判断か?


サンタフェチーフ21 メス
父:キズナ
母父:Wiesenpfad
黒鹿 03/09 3,000万円 7.5万円 宮田敬介

3番子
まだ未知な感じで判断材料がない。

馬体次第か?


シアードラマ21 メス
父:キズナ
母父:Burning Roma
青鹿 04/22 2,800万円 7万円 田中博康

4番子
まだ未知な感じで判断材料がない。

馬体次第か?


カルティカ21 メス
父:キズナ
母父:Rainbow Quest
鹿 03/28 3,600万円 9万円 藤原英昭

5番子

半兄にアスクビクターモアがいる。
牝馬は二頭目もまだ未知

母父:Rainbow Questは、やや牡馬寄りか?

悪い募集馬ではないと思うが・・・。
募集価格がどうも高く感じる。


シックスイス21 メス
父:キズナ
母父:Luhuk

鹿 03/02 2,800万円 7万円 昆貢

3番子

クラブ馴染みの繁殖。
兄姉共に、結果は出てない。

母父:Luhukはサンプルが少ないので
判断しずらい募集馬と言えるかもしれない。


レッドアトゥ21 メス
父:キズナ
母父:カジノドライヴ

黒鹿 01/20 3,000万円 7.5万円 大久保龍志

初子

母父:カジノドライヴはまだこれからなので
サンプルが少ないので
判断しずらい募集馬と言えるかもしれない。


で、2022年の東京サラブレッドクラブの募集馬の診断の
第4段では、これと言った推しの募集馬はおりません。


理由は、単純で
キズナ産駒は総体的には割高感を感じるので・・・。

どうしても、選べ!!!
と言われれば、牡馬という理由だけで

サークリングU21 牡

かと思います。 ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189604769
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック