2022年01月08日

比較的早い段階で2戦目がありそう

さて、2021年の年末に新馬勝ちを決めた
2歳のわが愛馬「ルージュエヴァイユ」。

レース後もダメージはなく
山元トレーニングセンターで過ごせているよう
です♪

ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

ルージュエヴァイユ

2022.01.07
山元トレーニングセンター

担当スタッフ
445キロだった馬体重は460キロに。
 飼葉の食いも良好
で、
 いい回復を見せてくれています。
 ハリ・ツヤともにいいですしね。

 ここまでトレッドミルで進めてきて、
 水曜日から乗り出し開始という状況ですが、
 軽めながら気持ちよさそうに動いていましたよ。

 まだ緩さもあってモタれるところも相変わらずですが、
 それだけ伸びしろを残しているということ。

 本格化はまだ先と見ていますが、
 どのように成長していくのか本当に楽しみ
です。

 レースでのダメージも見られず、
 入場からここまで不安なくきていますので、
 状態アップを意識した
 メニュー構成で態勢を整えていきたい
と思っています」

2021.12.26
黒岩陽一厩舎→山元トレーニングセンター
本日、山元トレセンへ放牧。

黒岩調教師
「昨日、競馬場からトレセンに戻ってからも
 歩様や脚元に問題はなく、
 今朝のチェックでも気になるところはありません
でした。

 頑張ってくれた後なので
 脚元や体調などに異常がないか心配しましたが、
 さすがにレース後だけに飼葉の食いはもうひとつですけど、
 表情を見てもガクッときている様子はなさそうで安心しました。

 今日の検疫で山元トレセンへ移動。
 まずはリフレッシュと思っていますが、
 回復具合など状態次第では早めに戻すこと
も考えています」

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

まず、山元トレーニングセンターに戻り
馬体重が460キロまで戻ったのは良いですね♪

ひとまず480キロ〜490キロぐらいまでいければ?
かなりの成長分が見込める感じになり、

次走は、レースで460キロ(+8〜12キロ)は理想的でしょう。


で、黒岩調教師および山元トレーニングセンターの担当スタッフからの

コメントから、比較的早い段階で2戦目がありそうですね♪

まだ予定が出てない中で・・・。

いわゆる逆算をしていくと?

2022年の春は、3戦ぐらいが理想ですね。多くて4戦まで。
※5戦以上となると、負担も大きく後に、故障リスクもあるので・・・。

おそらく、最大目標は?「オークス(出走)」でしょう。
※桜花賞はパスで良いでしょう。

で、落としどころは1勝クラスクリア以上。

3戦目:5月22日 オークス
2戦目:3月21日 フラワーカップか? 4月10日 忘れな草 か?4月24日 フローラSか?

という中で、
ルージュエヴァイユの2戦目(2022年の初戦)は?

右矢印1芝1800m以上のレースでしょう。

番組をみると?

東京最終週(2月19日)の

フリージア賞 芝2000m

ちょっと間隔が厳しいかも?

中山開幕週(2月27日)開催であれば?

デイジー賞(牝馬限定) 芝1800m

こちらかな?間隔的にも、条件的にも合いそうですね。

連勝すると?

上記で書いたようなローテーションが可能になり
状態をみてのレース選択が可能になる。

今時期は
勝ち方が良かったので、少々夢をみれてます♪

愛馬での初の牝馬クラシック出走を期待しているので
是非2戦目も決めて欲しいところですね。 ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189256923
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック