2021年12月24日

レッドガランの次走は、中山金杯になりそう。

さて、2022年の新年の
わが愛馬は?
「レッドガランの金杯から」となりそうですが・・・?


どうも、京都金杯が登録数が多いようで
中山金杯になりそう。


で、ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

2021.12.23
栗東:安田隆行厩舎
次回の更新は今週末(土曜日か日曜日)の1週前追い切り後におこないます。

なお鞍上については、
1月5日(水)中京・京都金杯に出走できる場合は川田将雅騎手で、
同じ日の中山金杯に出走することになった場合は
斎藤新騎手の予定
です。

2021.12.22
栗東:安田隆行厩舎
本日は坂路で調整しました。
坂路 64.9-48.3-32.5-16.4 馬なり

助手
「予定通り、先週金曜日に乗り出しました。
 その後の調整も順調に進んでいますが、
 手が付けられないほど元気ですし、
 太め残り防止のため日曜日からCウッドコースと
 坂路の両方で乗るなど運動量を増やしているところです。

 今朝(水)は角馬場を長めに乗ってから
 普通キャンターで坂路を1本上がりましたが、
 走りたい気持ちが前面に出ていて抑えるのが大変でした。

 次走は1月5日(水)という変則開催なので、
 1週前追い切りは今週末におこなう予定で考えています」

安田隆調教師
「現時点で京都金杯への出走が難しい状況にあるようです。
 賞金順で18番目とのこと(フルゲート16頭)。
 もしこのまま情勢が変わらなければ、
 中山金杯へ回ろうと考えています。
 どちらのレースになっても対応できるように、
 しっかり準備をおこなっていきます」

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

単純な話で鞍上の魅力を鑑みると?

京都金杯の方が魅力だったのですが・・・
川田将雅騎手は?
アンドラステに、騎乗予定になったようで、
仮に出走でも、乗り替わり
でしょう。


まー年始からフルゲートとは・・・運がない
&賞金加算できてない(取りこぼし)がイタイ。

そんな感じでしょう。

とはいえ、中山金杯に出走できるなら?
それはそれで悪くない気もするので・・・。

ちなみに、メンバーは、京都金杯より軽い感じもあります。

芝2000mは
射程距離ではある
と思ってます♪

むしろ1600よりは良いかも?
※ベストは1800mだと思いますが。

年明けは?
金杯で乾杯したいですね♪ ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189223708
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック