2021年06月03日

「ノド鳴り」でなくて良かったです。

先週、7着で敗戦し
レース後の症状が気になっていた
愛馬「レッドカムイ」。


ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

21.06.02 : 栗東:松永幹夫厩舎

本日は引き運動をおこないました。

松永幹調教師
「レース中や上がりの息遣いが悪かったため、
 今朝(水)内視鏡検査をおこなって
 ノドの様子を詳しく調べたところ、
 ノド鳴りの所見は認められなかったものの、
 DDSP(軟口蓋背方変位)との診断を受けました。

 成長とともに症状が治まることもあるとされているので

 手術はせず、
 今後は舌を縛るなど対策を施したうえでレースに臨むことにします。


 レース後も脚元などにダメージが見られないことから、
 明日(木)乗り出して状態を確認し、
 問題がなければ中2週か3週での出走を考えていますが、
 輸送は苦手のようなので近場の阪神
で頑張ってもらいます」

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

敗戦はショックでしたが・・・。

まず、「ノド鳴り」ではなくて良かったです。

「ノド鳴り」だと手術で半年は覚悟な感じでしたが・・・。


DDSP(軟口蓋背方変位)であれば?


 舌を縛るなどで、呼吸ができるし、
 症状が治まってくる可能性も?あるとか・・・(私調べ)


加えて、脚元にダメージがなかったのは大きい
ですね。
田辺騎手は、最後追ってなかったので・・・。(ここ感謝します)

いわゆるハードな公開調教くらいな感じでしょうか?
着順をほど負けてないので・・・人気落ちを期待(馬券師目線)



問題なく3戦目に臨めるのを期待したいですね♪ ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188727480
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック