2021年03月30日

2戦目は、5月の東京開催へ

さて、現在放牧中の
3歳の愛馬「レッドカムイ」

気になる2戦目は?
右矢印15月の東京開催へ


ひとまず、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドカムイ(セレブレイションキャットの2018)

21.03.25 : 山元トレーニングセンター

担当スタッフ
「この中間も坂路で17-17を日によって1、2本という調整内容。

 この中間も脚元は気になりませんので、
 確認のためのエコー検査

 明日おこなって、
 獣医師からの許可が出れば
 週末から15-15にペースアップと
考えています。

 乗り込みを継続しながらも
 馬体重は545キロと安定。

 精神状態も安定していて気配は良好ですので、
 まずは15-15へ移行してからの動きや気配、
 また脚元を確認しながらにはなりますが、
 問題が見られなければ
 5月の東京戦を一応の目標に定めて進めていく
ことになりそうです」

21.03.18 : 山元トレーニングセンター

担当スタッフ
脚元に浮腫みが出たりということで
 確認しながら慎重に進めてきました。


 この中間は変わらず坂路ハロン17秒ペースで、
 日によって1本もしくは2本といったメニューを継続。

 脚元に心配すべき状況は見られず落ち着いていますので、
 今週いっぱいは現行メニューで様子を見て、
 問題ないようであれば来週から
 次の段階への移行もと考えているところです。

 休まず乗ってきたことで、
 馬体重は544キロと締まってきた感じですね。

 脚元が頑丈とはいえない大型馬ですので、
 馬体重には注意しながら
 今後も進めていきたい
と思います」

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】


レッドカムイの能力については、
デビュー勝ちの内容(それ以前の調教も含め)から
たしか
です。

この馬の課題は?

足元
でしょう。


かなり慎重に進めてくれている印象ですが・・・。

それでも?

 極論、引退までに、何戦使えるのか?

 正直、わかりません・・・。


まだ、2戦目の具体的なレースは決まってないようですが・・・。

可能性は大きく分けて3つ

@ 05-01 土
東京11R
3歳 オープン

芝 2400

テレビ東京杯青葉賞(G2)

A 05-29 土

東京7R
3歳 1勝C
芝 2400


まず、この2つの選択肢でしょうね。

青葉賞を勝てた場合でも?
放牧かもしれないですが・・・。

2着以上で賞金加算できるのはメリットでしょうね。
私は、こちらを希望します。



Aは、自己条件なので勝利が条件になりますね。
※ひとまず、「2勝クラス以上」で秋を迎えたい。



B、05-08 土
東京11R
3歳オープン
芝2000


プリンシパルS

こちらも1着条件になりますが・・・相手関係などの兼ね合いをみて
選択肢としては可能性があるかも?

ただ・・・日本ダービー出走を考えてない場合は?
この選択肢はない
でしょうね。

勝ち負けを狙うなら、前哨戦で負担が少ない
こちらを狙う手もあるでしょう。


ただ、陣営的には、
東京2400mを使いたそうな印象なので。

いずにしても、まずは無事で。
順調でいてくれる事が望まれます。 ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188534265
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック