2020年05月12日

良い調整過程を過ごせたのではないか?

さて、私の一口馬主としての
その年度における
出資馬の未勝利馬0というのは?

一口馬主としての8年の歴史で
初年度だけ
(毎年約2頭程度、出資してきましたが・・・)
※間、出資できず、というケースはございますが・・・。

2020年の3歳馬は?
その個人記録が途切れる可能性も・・・。


その一口馬主の勝ち上がり馬の個人記録継続の上で
頑張って欲しいのが・・・。

3歳のレッドエーデル。

本日は?レッドエーデルの近況について♪


まずは、【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドエーデル

2020.05.08 : ノーザンファームしがらき→斉藤崇厩舎
馬体重468キロ。

調整は順調で週3回は坂路で15−15や15−14ほどの時計を出しています。
動きは素軽くなってきましたし、
より前進気勢も感じられるようになりました。

脚元や筋肉に疲れは見られずフレッシュな状態にあります。
態勢が整ったため、あす(土)の検疫で栗東・斉藤崇厩舎に帰厩する予定
です。

2020.05.01 : ノーザンファームしがらき
馬体重468キロ。

今週も周回コースと坂路で調整しています。
ほぼ毎日騎乗調教を行っていて日によって
15−14ほどの強めの調教を行っていますが、
適度に筋肉がついて体は増えてきましたし、
動きも力強くなってきました。

状態面に問題もなく、
帰厩に向けていまのペースを維持しながらしっかり乗り込んでいきます。

2020.04.24 : ノーザンファームしがらき
馬体重462キロ。

体調は安定しており、調整は順調に進んでいます。
先週末からきょうまでに15−15を3本消化したところですが、
体の使い方や息づかいは問題ありませんし、
集中力を欠くこともありません。

徐々に毛ヅヤもよくなるなど雰囲気や見た目もよくなってきました。

5月末のレースを目標にすることが決まったため、
これから徐々にペースを上げていくことにしています。

2020.04.17 : ノーザンファームしがらき
馬体重457キロ。

先週末、1本目の15−15を消化しましたが、
その日の午後に熱発が確認
されました。

ほかに感冒の症状はないことから原因は疲れとみられていますが、
熱はすぐに下がったため、

今週月曜日から周回コースと坂路での調整を始めたところです。

F17秒までペースを上げても体調は安定しているため、
あす(土)15−15ほどの時計を出すことにしています。

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

さて、レッドエーデルの
前走の馬体重が438キロ
でした。

そこから、立て直しを図るべく・・・。
約1か月半の放牧で
468キロまで増えました。


小柄な牝馬の場合・・・なかなか馬体重が増えないケースも多い。
そんな中、良い調整過程を過ごせたのではないか?

そんな気がします。

とはいえ、トレセンでのトレーニングで結構絞れるので・・・。
10日競馬で
なんとか?440キロ後半〜450キロ台で出走できれば?良いのかな?

という気がしてます。

まだ次走についての明確な番組については出てませんが・・・・。

05-23(土) か? 05-30(土)の
京都 3R 3歳 未勝利 芝1400m


あたりでしょうかね?

あるいは、距離短縮の目線もあるのか?


これは?独自な見方?なんですが・・・。

小柄な未勝利馬は間隔が開いた場合は
大きなプラス体重は、プラス材料(買い材料)
と思っております。
=人気薄の激走は、成長分によるものが大きい。

ただし、牧場で動かしながら・・・・というのが前提条件です。

当たり前な話
脚元に不安があって、休ませていれば、
馬体重が増えない方がおかしいワケで・・・。

当然、中身は見ないといけないワケですが・・・。

いずれにしても、
3歳馬は1度勝たないと未来がありません・・・。


なんとか頑張って欲しいものです。 ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187481368
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック