2019年04月18日

レッドジェニアル 京都新聞杯へ

さて、先日は青葉賞出走予定だった
愛馬「レッドジェニアル 」ですが

次走は,、京都新聞杯へ目標を変更
となりました。

ひとまず【こちら】
【以下 東京サラブレッドクラブのHPより】

レッドジェニアル

2019.04.17 : 栗東:高橋義忠厩舎
本日は坂路で調整しました。
 坂路 71.9−53.7−35.3−17.4 馬なり

助手「あす(木)追い切るので、けさは普通キャンターでの調整でした。
   追い切っている馬に抜かれると少し行きたがるなど反応を示していましたが、
   ハミを噛みつつもガツンとまではこなかったです。

   最新の馬体重は鞍をおいて484キロほどとガタっとは落ちずにキープしています。

   あすは坂路で追い切りますが、
   レースまで時間があるので目立った時計を出すつもりはありません」

2019.04.11 : 栗東:高橋義忠厩舎
本日は坂路で調整しました。
 坂路 酒井J 71.9−53.7−35.3−17.4 馬なり

高橋忠調教師
前走後、青葉賞を目標にするとお伝えしていましたが、
 東京への遠征は見送り、
 青葉賞の1週後の京都新聞杯に目標を切り替えることにしました。


 レースを使うたびに体が減っていますし、
 ふだんからテンションの高い馬が、
 長距離輸送や初めての場所に滞在するとなるとレース前に消耗し、
 力を出し切れないままレースを終えてしまうことを見越しての判断です。

 京都なら輸送が短い分、馬の負担を減らせますし、
 勝ったコースでベストに近い条件でもあるということでご理解いただければ。

 今週いっぱいは調整程度にとどめて来週からペースを上げていくことにしています」

2019.04.10 : 栗東:高橋義忠厩舎
本日は坂路で調整しました。
 坂路 69.3−51.1−33.0−16.3 馬なり

助手「先週金曜日から坂路で調整していますが、その後も順調です。
   あすは調整がつけば酒井騎手に乗ってもらってCウッドコースで時計を出す予定ですが、
   まだ時間はあるのでそれほど負荷はかけないつもりです」

【東京サラブレッドクラブのHPより 完】

レッドジェニアルが
京都新聞杯出走となると?
愛馬では初出走となります。

いわゆる出世レースなので
そういった点でも、良いかな?


という気がします。

ただ、前回も書きましたが・・・。

レッドジェニアルは、
ムリして日本ダービー出走でなくて良いと思ってます。

連戦続きでの
年明け6戦目での日本ダービー出走は流石に負荷が大きい・・・。



できれば、勝って放牧
2着以上なら、賞金上積みで秋に向けて充電が可能。

ダメなら、短期放牧を挟んで条件戦を使う必要が出てきますが
500万下はクリアして秋を迎えたいところ。


2週間前の現時点で馬体重484キロなので
どこまで回復できるか?ですね。

レースでこのぐらいなら許容範囲ですが
490キロ前後だと良いのですが・・・。

ひとまず無事に行ってくれるのを祈るのみですね。 ブログランキングに参加しているので
「↓ポチっっと♪ 応援をお願いいたします♪」
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。